2010年04月05日

Twitterと企業さん

Twitterでは現在、色々な企業がアカウントを持っています。
有名なところで、TBS・加ト吉・Subway・NHKあたりでしょうか。
私も最初のうちは面白がって、いくつかのアカウントをフォローしてみた事があります。
ですが現在、企業アカウントは一社もフォローしていません。
何故かと言うと、つぶやきの内容に飽きてしまったからです。

新商品の案内、色々な人との絡み、それ自体はとても面白いものです。
いわゆる「有名企業」にお務めの方が、芸能人だったり、音楽だったり、アニメだったり、そういう話をふっても答えてくれることは、その企業を身近に感じられるし、皆さん、お話がとても上手です。
最初は私も、「へぇ!結構、普通の話もしてくれるんだ」と驚きにみちて、つぶやきを眺めていました。

ところが……2ヶ月もすると、別に自分のTLに表示されていなくても良いような気分になってきました。
というのも、私の狭い観点からでしかないですが、あまりに雑多な話が多すぎ、また、RTで全ての流れを伝えようとするので、「なにもそこまで全員に伝えなくとも……」と思ってしまったからです。

もちろん、企業側もこの辺は悩みの種だと思います。
「全部みたいんだ!」っていう人と、「そういうのは@でやれよ」という人の意見、どちらも常に要求されることでしょう。
その中でバランスを取って、現在の状況になっているのだとは考えます。
ただ、私にとってはそのバランスがなじまなかったので、フォローを外しました。

この一連の流れを経て、私はこれから先、企業アカウントを開設する方々は非常に難しい運営をしなくてはならないのだな、と強く感じました。
先行している企業アカウントが、どっかぶりでフォロワーと絡み、夜昼なく応じています。
今、ひょっとすると、その空気が当たり前のようになっていて、のんびりやっていると、「なんだよー。○○社ってレスポンス悪いや」て思われてしまうかも知れない。
さりとて、RT多めのフォロワーと絡み多め、とすると、二番煎じになってしまうので、なかなかフォロワーも増えない。
このジレンマを抱えながら、運営していく事のなんと大変なことよ、と思いました。

まあでも、これはあくまで私の勝手な想像なので、案外、皆さん気楽にやっているのかも知れませんけどね。
……そうであって欲しいなあ。Twitterで悩むとか、ない方が良いです。
posted by foruli at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Twitter | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。