2010年04月11日

iPad

つてをたよりに、iPadに触れることが出来ました。
日本ではまだ二ヶ月先の発売ですので、とても幸運な事だと思います。
今日はそのことについて書きます。

まず、iPadを初めて触った印象は「すごい」でした。
発表された時から、とても気に入っていたのですが、実物を見るとなおさら、欲しくなりました。
聞くだけなら、iPhoneが大きくなっただけかも知れません。
ですが、実物はただ大きいだけなのに、圧倒的なドキドキワクワク感があるのです。

何もかもが綺麗に大きく表示されます。
それならラップトップがあるじゃないか、と言われますが、起動は一瞬、しかもその辺のラップトップよりは画面が綺麗です。
そして、あのサイズで全面タッチスクリーンであることも強烈です。

おうちでゆったりと、綺麗な画面で楽しむ。
出先で、綺麗な画面でプロモーションをする。

あらゆる場面で使えそうなこのiPadを触って、得も言われぬ高揚感がありました。
もちろん、こういった道具が好きなので、余計にそう思っているフシもありますが、それ以上に何かこう、わくわくさせてくれるような何かを持っています。

ただし、先日発表のKeynoteによれば、iPhone OS4.0が実装されるのは秋以降のことなので、よっぽど傾倒している方でもないかぎり、購入は様子を見た方が良いとも思います。

ちなみに私は、iPadを買ったら必ず、ラブプラスを落とします。
あれだけのサイズで遊んだ方が絶対に楽しいと思うからです。
posted by foruli at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146188787
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。